こんにちは。開放されました。

2020年1月26日


私カズートは所属する大学のすべてのカリキュラムを修了致しました。













イヤアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア















ああ、失礼しました。嬉しすぎてつい悲鳴が…


5年に及ぶ大学生活…
私も気がつけば23歳…










23歳?????














お???マジで??????ちょっと何が起こっているかわからない。小学校に入学したときは6歳で、卒業するときは12歳。これはわかります。当たり前でわかりやすい。今まで食べたパンの枚数を覚えていないのと同じくらい単純明快 




しかし。大学に入学したときは18歳で、卒業するときは23歳。これはまっっったく理解ができません。23歳といえば僕が好きだったダルビッシュ有選手は既に国内で確実にトップレベル投手の1人でしたし、あの美人シングルマザーが小6への猥褻行為をしたのも23歳。バレンティーノ・ロッシは既にWGP500ccクラスでチャンプを獲っていましたしマルケスもしかり。そして美人シングルマザーは小学6年生への猥褻行為を働いていました。



かたや私カズート。一体何を成し遂げただろうか。小学校に6年間通い野球をして、中学生に3年間通い野球をして、高校に3年間通い野球をして、大学に3年間通い野球をするかと思いきや、精神を病み退部してバイクに乗り、気がつけばレースをしていた。両親の助けのもと途中留学にも行かせてもらい、大変素晴らしい経験になったものの、帰国してからというもの以前にも増してバイクにのめり込んでいる。一応雑な卒論は書いた。テーマは「労働者の生活習慣とパフォーマンスの関連」 あまり面白くない バイクに乗るのが面白くてしょうがない


挙げ句の果てには就職先までバイク関係。当然両親はハッピーではない… 就活中は、地元で就職して実家に帰ってきてほしかったのがヒシヒシと伝わってきた。ちょっとだけ迷ったけど、しっかりスルーさせていただいた。ほんとうにごめんなさい。



というわけで早速引越しに向けて新居を探し始めた。早速すんばらしい部屋が見つかったのだが、それを上回るかもしれない部屋が空いているという連絡が入った。職場からはちょっと遠いけどまさかまさかの専用庭付き。MX408とかもてぎは近くなるし、全然悪くない。何しろ家賃が安い。駐車場までコミコミで45000。


昨日見つけたところはめちゃキレイだし職場にちょっと近いけど55000。これも破格だけど、月1万の差はデカイ


でもさっき見に行ってきたら45000の方は玄関通さないとバイクを部屋に入れられないようだ。つらたん。なえぽよ。流石にシンドイワシ。ぴえん


まあということで大学が終わったんでとにかくバイクに仕事にフル回転で頑張っていきたい気持ちでいっぱいです。頑張りますそれなりにかなりめっちゃ鬼



ああ、あと、学校は卒業できそうだけどずっと卒業しそびれてるものもあるんでそちらもなんとかしたい。切実に。現状最大のコンプレックス。ぴえん。毎晩マジ泣きしてる













またね